いつか君がみる夢の、

そのちいさな欠片になれたら幸せなんです。

はじめまして、の挨拶

はじめまして、真白と名乗らせていただいています。
取り留めもない文章をだらりだらりと書くのが好きなのと、色々なジャニオタさんの文章を読んで、「こんな風に文章を綴りたい!」と日々感じていたので、ノリと勢いではてなブログを始めてみます。




▽好きな子

各グループに一人は推してる子がいるのでは?って位にはDD。キラキラもっと光れみんな。


その中でも、特に推しているのは

SixTONES田中樹くん
TravisJapan/Love-tuneの森田美勇人くん


の二人です、所謂掛け持ちと言うやつです。
「担当」とは名乗っていません。二人が同じ現場に出た時にどちらの団扇を振るのか、それを迷ってサマステに申し込めなかったチキンなので担当を名乗ることがおこがましいと思っています。……じゅりみゅのただ前へを聞きたかった見たかった!!!レポみて泣いた!!次は絶対に行く!

……なので私は彼らを「好きな子」や「推してる子」と表現したいと思っています、私の中で担当を名乗れる日が来るまでは彼らを推していきたい。じゅりみゅ推しの真白、歴は1年程度のド新規です。パリピが好き、風磨会ありがとう。



▽経緯

ここ2年くらいであれよあれよという間にジャニーズにハマり、いつの間にかJr.沼へたどり着いていました。
中学の頃から上田くんにデレデレでしたが、その頃はバンギャだったのでジャニーズという括りに全く興味を持っていませんでした。
その後も2次元にずぶずぶハマり、全くアイドルとは無縁日々、初めてアイドル(という存在)に触れたのも2次元でした。シンデレラガールズ、今でも輝く小梅ちゃんのために課金をしています、小梅ちゃんほんと天使。そこからは、アイドルアニメ全盛期、どんどんと出るステージで輝くキャラクターに惹かれていきました。元担の名前は黒崎蘭丸。話すと長くなるので割愛します。


3次元のアイドル、Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔くん。「仮面ティーチャー」で、流星の如く私の目の前に現れました。ふと見る機会があって、自然とハマっていました、彼に。男性でありながら女性的なセクシーさを魅せる彼、そして時に可愛らしい。気がついたら検索履歴は彼で埋まっていました。そして当然の如く引っかかるわたたいというコンビ名、私が好きな藤ヶ谷くんがそんなにハマってる渉って誰だよ、横尾渉?誰だお前は……。
そして、見事、藤ヶ谷太輔ダイレクトマーケティングによって私は横尾さんの罠に嵌りこみました。彼の自己犠牲の精神とその裏に潜む自己顕示欲の強さに惚れました、裸の時代でボロ泣き(わかった風)語ればここも長くなりますが前髪があって後ろ髪を伸ばしている彼のチャラいビジュアルが一番好きです。


そして、ここからがジャニーズの罠でした。


ひとり好きになれば一通り映像作品を買い尽くし、全員好きになる。そしてバックに映る彼らを見たいがために他グループのDVD……KAT-TUNを……。当然のように上田竜也の美しさに心を引っ掴まれ、KAT-TUN沼へ。続いて同期のNEWS沼へ。そして関ジャニ、セクゾ、ウェスト、A.B.C-Z……一通りハマり、ジャニーズってすごい、尊い、事務所DD状態。


そして、いつの間にか。本当に気づかないうちに、田中樹くんと森田美勇人くんのことを目で追っていました。
彼らの楽しそうな姿をもっと見ていたい。という気持ちがほかのJr.やデビュー組の好きな子たちよりも強くなって、二人を推していこうときめました。
ピンチ王のニワトリほんとありがとう。これからも樹くんと美勇人くんのこと適度に怯えさせてくれよな。



そして、今に至ります。ずーっと茶の間を決め込んでいましたが、彼らの活躍をたくさん見るためには、テレビの前じゃ駄目だと気づいて重い腰をあげ、ついにこの前茶の間を脱しました。
「少年たち」、とっても心に響いて、彼らの輝く姿を追い続けたいと思ったため茶の間に戻ることなく、次の振込用紙を書きました。「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」とりあえず一度、美勇人くんのことも肉眼で見ておきたい。えび座は聞かないで下さい。……行きたかった。



こんな感じです。何を書くと決めた訳では無いのでだいぶ散文、後で見返して嫌になるのもまた一興かなぁと。

とりあえず外れても嘆くだけで自チケでしか入らない、無理をしない。今のところそんなゆる〜いオタク入門者です。どうぞよろしくお願いします。