いつか君がみる夢の、

そのちいさな欠片になれたら幸せなんです。

君にファンレターを書く(架空)

じゅりみゅ推しを名乗っていましたが、田中樹くんを担当にして、森田美勇人くんを推しとして応援することを決めました。

気持ち的にはなにも前と変わっていないので、いつ元に戻るか分からないけれど、今の気持ちとして残しておきたかったので。)

Jr.祭りの追加公演を見てから、樹くんにファンレターを書こうと考えました。

でも、返事なんていらないし、読んでもらえてるか分からなくていいし、なんなら自分の想いをぶつけるだけだなぁ、と思って。

ならここにファンレターとして書けばいいじゃないか。という結論に至ったので樹くんに向けてのファンレターを書きます。好きに綴ります。君に届かなくても自分の中で昇華させたい。

 

 ─────

 

田中 樹 様

 

はじめまして、一色真白と申します。

Jr.祭り、横浜、埼玉、大阪とお疲れ様でした。

 

樹くんを初めて見たのは「少年たち~危機一髪~」の舞台でした。

舞台なんて、学校の芸術鑑賞で連れて行かれた時に見たくらいな私でしたが、どうしても樹くんの姿を一度でいいから見てみたくてチケットを取り、2階席の端から樹くんを見ました。

開場時間と共に入ってドキドキしながら席に座り、開演の音を聞いて、樹くんの姿を見ました。テレビの画面越しで見る樹くんと寸分たがわないはずなのに、きらきらと輝いているように見えて、こんなにもかっこいい人がいるなんて、と声を失いました。

樹くんの姿ばかり目線で追いかけていました。ジェシーくんが撃たれた場面の時に、樹くんの目から涙が流れているのが双眼鏡越しに見えて、その瞬間に私の中で応援したい気持ちがどんどん大きくなって、樹くんがアイドルとして輝いてほしいと思いました。

 

樹くんのどこが好きかって友人に聞かれるととっても悩みます。全部が好きで、樹くんの生み出す言葉にすら心酔してる私がいます。

樹くんの生み出すものはとても大胆なようでかなり緻密に作られているって感じます、樹くんは天才だから大胆に見せるのすら計算尽くしなのかなって。

自分の生きる道を貫いて、俺は俺。って顔している時がたまらなく好きです。樹くんが自分に自信を持ってステージに立っている姿をこれからも応援させてください。

 

夏に大きなステージが今年もあると聞きました。

夏と樹くんって、親和性が高すぎてもう春の今から楽しみで仕方ありません、樹くんの輝く姿を見れる機会があることをとっても嬉しく思います。

 

樹くんがこれからも夢のような世界で輝いていられますように。

 

 

ましろ

 

─────